ソフトバンクとトヨタの提携会社の狙いは高齢者か?提携の目的は一体なんだろうか?

皆さんはソフトバンクとトヨタ自動車の提携して新たな新会社を作るというニュースをご覧になったでしょうか?様々なメディアで連日取り上げられています。今回はその提携会社の狙いが高齢者であったことを解説していきたいです。

メディアが過剰にこのニュースを報道する理由とは?

これは簡単です。皆さんも想像できるのではないでしょうか?ホンダとソフトバンクは日本の時価総額ランキングで一位と二位にいる大企業です。そんな日本の大企業同士の提携会社となればメディアも報じなければなりませんよね。けれども、それだけが理由ではありません。

ソフトバンクとトヨタの提携は前代未聞で予想外だった?

ソフトバンクの社長である孫正義さんは簡単に言うとトヨタ自動車の社長である豊田さんを訪れました。その際に孫さんは豊田さんに仕事依頼をしたんですけど豊田さんは断ったのですよね。つまり、これまで世間ではソフトバンクとトヨタの提携はこれまで考えられることはありませんでした。だからこそ、今回の提携は予想外でしたね。

提携の目的は高齢者のためか?

このサイトでは様々な高齢者の関することを取り上げてきました。その一つが超高齢社会にですよね。ソフトバンクとトヨタの提携はその超高齢社会を見据えたものになっています。地方ではこのままいくと過疎化が進んでしまう。そうなってしまうと高齢者の方の移動手段は自動車になってしまいます。しかし、最近では高齢者の方の免許返納が増えています。その背景には高齢者自身の運転に対する不安です。このような高齢者が増えていくと地方では買い物難民と呼ばれてしまう高齢者が増えてしまいます。今回のソフトバンクとトヨタの提携はそんな高齢者を救うためのものになっています。

高齢者の交通事故が増加?交通事故の原因や対策は何だろうか?