サービス付高齢者向け住宅とは一体なんだろうか?その効果や定義は以外と簡単だった?

皆さんはサービス付高齢者向け住宅をご存知でしょうか?俗に言われる「サ高住」というものになります。では見ていきましょう。

サービス付高齢者向け住宅の定義

高齢者の安心を支えるサービスを提供しているバリアフリー構造の住宅
 かなり簡潔に定義をすると上記のようなことです。あえて細かくいうとサービス付高齢者向け住宅は日本では高齢者住まい方の基準によって決められている介護・医療と連携して高齢者の安全を支えている。

なぜ、サービス付高齢者向け住宅ができたの?

簡単に言ってしまうと高齢化が進んでいるからです。後期高齢者(75歳以上の高齢者)や後期高齢者の一人暮らし世帯や後期高齢者夫婦のみでの世帯がかなり増加していることは大きな社会問題にもなっていますよね。2025年には日本の世帯数のうち750万世帯が後期高齢者の一人暮らし、または後期高齢者夫婦だけの世帯になると予想されています。このような今後の急速な高齢化に備えて国土交通省と厚生労働省は心身に不安を抱える高齢者やシニアの方が安心して暮らすことができるようにと平成23年10月に制度化したのがサービス付高齢者向け住宅となります。

サービス付高齢者向け住宅に入るメリット・デメリットは?

 メリット
  • 入居条件が厳しくない
  • 普通のマンションと同じように完全個室であるためにプライバシーが守られる
  • バリアフリー構造であるために高齢者やシニアの人にとって住みやすい
  • 自炊ができたりや優良の食事提供サービスを受けることができる
  • 外出や外泊が可能
デメリット
  • 介護や医療的なサービスを受ける場合、別費用がかかってしまう
  • 高レベルの介護が必要になった場合は退去を求められる場合がある
  • 運営側の違いによってサービスやサポートが異なっているためにどのサービス付高齢者向け住宅に入居したらよいのかの判断に困る場合がある
  • 人によって必要としている介護レベルが異なっているために自分にあっていないサービス付高齢者向け住宅に入居してしまった場合は必要なサービスを十分に受けることができないため不便さを感じるかもしれない

サービス付高齢者向け住宅の効果とは?

特別養護老人ホームの待機者の解消
退院患者の在宅日数の短縮による退院患者の在宅復帰先として機能している