高齢者の性犯罪が社会問題になっている!

昨今、高齢者の問題が様々あります。そのうちの一つが高齢者やシニアの方の性犯罪が増加していることがあります。ではなぜ増えてしまうのでしょうか?

高齢者になったら性欲が減退するのではないのか?

高齢者になったら性欲が減退すると考えるのが一般的ですよね。高齢者の方も若い方も基本的に性欲にあまり差はありません。では、どこに差があるのでしょうか?

若い人と高齢者やシニアの人では前頭葉機能が異なっている
 性欲が高いときでも前頭葉の機能がしっかりとしていれば性欲をコントロールする事ができます。仮にこの前頭葉がなければ性犯罪だらけになってしまいます。つまり、性欲をコントロールする前頭葉機能は重大です。しかし、年をとって高齢者やシニアになるとこの前頭葉の機能が低下してしまう。だから性欲のコントロールが若い時に比べて難しくなり、理性のコントロールが難しくなってしまう。
前頭葉の機能が低下してしまい理性がコントロールできないと認知症になる?
 前頭葉の機能が低下してしまうと理性がコントロールできなくなってしまい「異常性欲」という症状が出てきてしまう。この「異常性欲」というのは認知症の症状です。そして、その「異常性欲」のせいで高齢者による性犯罪が起こっているのです。

前頭葉の機能低下による「異常性欲」の対処法

投薬治療によって認知症の症状でもある「異常性欲」を抑えることができます。

高齢者の性問題は対応が遅れてしまう?

高齢者の方やシニアの方に限ったことではないのですが「性に関する問題」は他人や身内にでさえいうことが難しいとされていますよね。だからこそ、身内やお医者さんに相談することができず性犯罪に走ってしまう高齢者やシニアの方が多いです。

まとめ

高齢化社会の日本です。これから先、様々な高齢者問題が増加してくることは予想できます。今回は性犯罪の増加していることは性欲のコントロールができにくくなることを主にとりあげてみました。ぜひ、ご家族に高齢者やシニアの方がいる場合は一度話をしてみることも大きな効果を生むかもしれません。