高齢者の認知症予防には脳トレが効果的か?

皆さんは、認知症に対してどのような印象をお持ちでしょうか?高齢者の人たちの病気だということをご存知だと思います。もちろん、若い人たちはそれでいいかもしれません。しかし、ここで重要になってくるのは自分たちの親の誰しもが認知症になる可能性があるということです。だからこそ、認知症に対する知識を増やしていくことは誰しもが必要です。今回は認知症の予備策として有名な脳トレを解説していきたいです。

なぜ脳トレを行うことが認知症予防になるのだろうか?

脳を動かすことは認知症予防には大きな役割を果たします。なぜなら、血液が全身にいきわたるようになり、その結果、脳内に糖分や酸素が送られるからです。人間は年を取るに連れて脳機能が低下します、またそれと同時に年を取るにつれて何かを考えることが比較的に少なくなってしまうため、脳に糖分や酸素が送られなくなってしまう。脳に糖分や酸素が送られなくなってしまうと認知機能の低下を引き起こしてしまいます。

脳を働かせる機会が減ってしまう
                  
血流が悪くなってしまうため、脳内の糖分や酸素が減ってしまう
                  ↓
認知機能の低下を引き起こすことになってしまう
                  
認知症が起こってしまうかもしれない!

どんな脳トレがあるのだろうか?

脳を動かすこと=脳トレには様々な種類があります。しかも、この脳トレというのは特別なレッスンや講座のようなものはありません。つまり、お金をかけることがなくトレーニングをすることができるということです。

 ドリルやナンプレを解いてみる
 何を言っているのだろうかときっと思われるかもしれません。しかし、これは効果的です。脳を動かすことをできます。別に小学生の解くような算数の問題でいいから是非ともやって見てください。
 誰かと話す
 これはいつもしていると言われてしまうかもしれません。しかし、これは単に話すことではなく相手の言っていることを理解し、またその相手のことを考えて話すということです。よく話す人は認知症になっているイメージがありませんか?
ボードゲーム(オセロ・囲碁・将棋・麻雀)
 これらのゲームは相手に勝つために相手の裏を読もうとしなければならない。そのためには、脳をよく動かします。