高齢者の万引きが急上昇か?その理由と対策を徹底解説!

高齢者の社会問題が最近話題ですよね。万引きや性犯罪や交通事故といった様々問題があります。今回はその問題のうち万引きについて見ていきたいです。

高齢者の万引きの摘発件数

2012年の警視庁の調査によると65歳以上の高齢者やシニアの方で万引きで摘発されたのは2万8600人という数値が出ています。

高齢者の万引き摘発件数は若者達よりも多い

高齢者万引きの原因

高齢者万引きの原因は前頭葉機能低下による早期認知症だとされています。現在、早期認知症の患者数は400万人とされています。

前頭葉の機能が低下することによって理性的に考えることができなくなってしまう
                   ↓
「お金を払って食べる」「売り物を開けたりしない」ということが考えられなくなる
 前頭葉機能が低下することによって論理的に判断ができなくなってしまう。その結果、「お金を払って食べる」「売り物を開けたりしない」という考え方ができなくなってしまう。最終的にはお金を払わずに食べてしまう高齢者が多いです。
警察は高齢者がよくする万引きの商品価格が安価であるために高齢者万引きの原因が「罪に対する意識の低下」と考えてしまう。だが実際は早期認知症であることを意識しなければならない

高齢者万引きの対策

買い物には複数人でいく
 早期認知症の高齢者の方が別の人間と買い物にいくことによって買い物を楽しいと感じさせることによって「万引きに対する衝動」を抑えることができます
坑認知症薬を使う
 高齢者万引きの原因は前頭葉機能による早期認知症です。つまり、認知症が原因ということなので坑認知症薬を使うことで万引きに対する衝動を抑えることができます。特にブレーキ系の坑認知症薬を使うことが効果的です。その中でも「メアリー」を使って見てください。

高齢者万引きの実態例

  • 食べたいものを食べてしまう
  • 入っている商品を半分だけとってしまう
  • お金を払う前に商品を自分のカバンに入れてしまう

まとめ

高齢者万引きの原因は早期認知症です。しかし、普通の認知症でも万引きをしてしまうことは当たり前です。つまり多くの高齢者の方がいつ万引きをしてしまうか分かりません。高齢者万引きは常習性があるために酷い場合だと万引き倒産してしまうことがあります。そうならないように坑認知症薬を使うことが必要になってきます。