カジノは認知症にとって特効薬になりうるのか?高齢者×カジノから見える新たな可能性?

カジノはなぜ認知症に効果的なのだろうか?

現在の日本では多くの高齢者が認知症予備軍と言われていますよね。このままでは認知症の高齢者が増えてしまうと危惧している政府や様々な自治体が認知症に効果的な改善策として「カジノ」を打ち出した。一見、何も関係性が見えてこないカジノと認知症だが、じつはそうではない。そもそも、認知症は脳内に血流が送られなくなってしまうために起こってしまう。なぜ、血流が送られなくなってしまうのかというと、高齢者は若者に比べて考えることが減ってしまうからである。物事を考えることによって脳内に血流がいきわたるようになり、また血流に含まれる様々な栄養素が脳内のにいきわたるということが高齢者はできにくくなるのである。カジノは勝つために脳を必死に動かしますよね?だからこそ、脳内に多くの血流が送られることによって認知症予防になるということのいなります。

カジノ以外にも日常生活でできる様々な認知症予防があった?

カジノ以外にも認知症予防はある?

カジノと言えばパチンコや競馬や麻雀といったものとの類似性が見えますよね。さきほども上記に記述したように頭をよく使うことをしていれば認知症予防になります。つまり、カジノに似たようなパチンコや競馬や麻雀でも認知症予防につながるということをしましていますよね。

政府や自治体はカジノには反対している?

最近ではカジノを含む統合型リゾート(IR)をどうしようかという議論が国会でされていますよね。しかし、国会では高齢者がカジノに依存してしまうのではないだろうかという懸念の声もある。そんな意見を考慮してカジノを自粛しようとする自治体も出てきた。

まとめ

認知症予防するというのはこれから必須になることは確実です。政府は超高齢社会になることを見据えてカジノを誘致することによって高齢者の認知症予防を図りたいと考える一方でカジノに依存してしまうのではないだろうかと言うマイナスの面も考えないといけない。

自宅でできる様々な認知症予防とは?